2011年10月25日

自分が死んだときにやること16

[クレジットカード]

クレジットカード会社のホームページ内を検索したけど、

死亡時の手続きについては、記載されていないと思うよ。

検索に仕方が悪いのかどうかわからないけど。

各種変更届については、よくあるQ&Aに書かれているけど。

入会することの情報はたくさんあるけど、

退会に関することは本当に記載が少ないと思う。

インフォメーションセンターに電話して尋ねてみます。

 

今日(2011/10/26)インフォメーションセンターに電話して尋ねました。

東電とは違って、とても不親切で、

生きてるのに何でそんなこと聞くのって感じでした。

やっぱり生きている内に、死亡後のことを考えて整理するってことに、

まだまだ理解してはもらえないのですね。

 

さて、手続きのことだけど、

最初にインフォメーションセンターに電話してください。

カード番号とカード契約者が死亡した旨を伝えると、

カード会社から解約関係の書類を郵送してくれるそうです。

必要な書類はというと、特にないみたいです。

たとえば死亡診断書とか死亡の記載のある戸籍とか

必要じゃないのですかって尋ねたら、

他のカード会社は知らないけど、

当社では必要ありませんという回答でした。

送られて来る書類に必要事項を記載して

カードとETCカードを同封して返却すれば終了です。

 

ところが、まだ続きがありますよ。

カードの解約手続きが完了しても、

継続して利用料金が発生しているもの

(たとえば電気料金やプロバイダー料金など)

の解約や支払い方法を変更(カード支払いから振り込みで支払う)しない限り、

ずっと請求がカード会社に行くので、

カード会社から請求が来るということでした。

引き落とし口座が凍結しているけど、その場合はどうなるのかって尋ねたら、

相続人に請求させていただきますとのことでした。

そりゃ相続したから当然ですけど、

カードを解約したのだから、

利用料の発生してもカードで代金決済ができないのだから、

その場合、たとえば電気料金などは、

直接請求書を送ってくるものと考えていました。

だから、カード決済しているものも解約手続きを進めてください。

 

やることたくさんあるね。

一つ解約(相続)手続きをするだけで、とても大変だね。

余命宣告されたら、

全てのカードは生前解約しておきますね。

インターネットを利用したサービスも全て解約しておきます。

預金も全部下ろしておきますね。

 

posted by tsuruoka at 17:29| 自分が死んだときにやること